「今のスキルを生かした仕事はないかな・・・」

「やりがいのある営業してみたい・・・」

「ひとつのことだけではなく、いろいろなことにチャレンジしてみたい・・・」

あなたは、営業代行って、聞いたことがありますか?

他社に営業活動を任せることで、自社の営業力を格段に向上させる方法です。

営業代行サービスは、クライアントのニーズに応じた戦略を構築し、アポイントメント獲得から商談、契約締結までの一連のプロセスを代わりに行います。

新規市場への進出や営業費用の削減を目指す企業にとって、まさに救世主です。

そんなやりがいのある仕事をあなたも経験してみませんか。

▼この記事でわかること

  • 営業代行の仕事内容
  • 営業代行の現状と未来予測
  • 営業代行に向いている人、いない人

この記事を読むと、営業代行の仕事内容や、向いている人の特徴が詳しくわかり、あなたがこの分野で活躍できるかの判断材料になるでしょう。

ぜひ、最後まで読んでいただき、これからの日本のビジネスシーンをともにリードしませんか。

自分の可能性を試してみたい人は必見の内容です。

そもそも営業代行ってなんなの・・・

営業代行とは、企業の代わりに営業活動をするサービスです。

自社の商品やサービスを売るために、他社に営業活動を委託することを指します。

営業代行サービスを提供する会社は、クライアントのニーズに合わせて、営業戦略を立案し、アポイントメントの取得、商談の進行、契約の締結などの営業プロセスを担います。

では、実際に営業代行サービスを頼むクライアントはどのようなメリットを期待しているのでしょうか。

営業代行のメリット

営業代行を利用するクライアントは以下のようなメリットを求めているでしょう。

  • 営業力の強化:
    自社の営業力が不足している場合や、新規市場への参入を検討している場合に、専門的な営業ノウハウや経験を持つ営業代行会社に任せることで、営業成果を向上させられます。
  • コスト削減:
    営業代行会社に委託することで、自社の営業人員の採用や教育、給与や福利厚生などのコストを抑えられます。
  • 集中力の向上:
    自社の営業人員は、既存の顧客や重要な案件にフォーカスできます。

営業代行は、特に自社に営業部門を持たない中小企業にとって有効なサービスと言えます

具体的には、仮に営業代行1人当たりの月額人件費は30万円程度で契約すると、自社採用の営業マンと比べて安価です。

教育コストも自社内研修に比べて低く抑えられるため、経費の削減にもつながります。

メリットばかりに目が行きそうですが、デメリットもチェックしておきましょう。

営業代行のデメリット

営業代行サービスのメリットも考慮する必要があります。

  • コミュニケーションや管理の必要性
    営業代行会社との契約内容や報告方法、フィードバックなどを定期的に確認することが必要です。
  • 品質や信頼性への依存
    営業代行会社の営業スキルやモチベーション、倫理観によって、営業成果や自社のブランドイメージに影響が出る可能性があります。
  • 自社の営業力の育成不足
    営業代行会社に頼りすぎると、自社の営業人員のスキルアップやノウハウの蓄積ができなくなる恐れがあります。

以上のデメリットも知っておくと、クライアントと契約時に相違が生まれることもないでしょう。

営業代行の仕事内容を知ろう

では、ここからは、営業代行はどんな仕事をしているのか見ていきましょう。

営業代行とは、他社の商品やサービスを売るために、営業活動を代わりに行うサービスです。

営業代行は、新規顧客の開拓や既存顧客の管理など、さまざまな仕事を行います。

営業代行が行う主な業務

  1. 営業戦略の立案
    クライアントの商品やサービスの特徴を分析し、効果的な営業手法やプランを策定します。
  2. 新規顧客開拓
    見込み客に対して、コンタクトを取り、商談の機会を設定します。ターゲット層に合わせた営業リストを作成し、効率的なアポイントメントをします。
  3. 商談の進行
    見込み客に商品やサービスの価値を説明し、購入に導きます。
  4. 既存顧客管理
    既存の顧客と定期的にコンタクトを取り、リピート率を高めます。
  5. セールスプロモーション
    セミナーやイベント出展などを通じて、商談につながるプロモーションを企画・実行します。
  6. 契約の締結
    商談を成功させた後、契約書の作成やサインを得ます。
  7. アフターフォロー
    商品やサービスの納品後、サポートなどのアフターサービスを提供します。
  8. 営業資料作成
    商品カタログやプレゼン資料、ウェブサイトのコンテンツなどを作成します。
  9. レポート作成
    営業活動の結果を定期的に報告し、次期の営業計画に役立てます。

営業代行の役割の重要性

営業代行は、自社に営業部門がない中小企業などに特に有効です。

専門的な知識やスキルを持つ代行会社に委託することで、営業成果の向上やコスト削減が期待できます

また、自社の商品やサービスの特徴や市場環境を理解し、クライアントとのコミュニケーションや報告をスムーズに行うことが重要です。

営業代行の仕事内容を知ることで、どのような営業活動に興味があるかや、必要なスキルや経験を把握できます。

つぎからは、営業代行の現時点の状況と未来に向けて予測してみますね。

営業代行の現状と未来を予測

営業代行は、現在日本のビジネスシーンで注目されているサービスです。

その市場規模は2020年に約800億円であり、2026年には約1兆7千億円に拡大すると予測されています。

画像引用:IDC株式会社・国内BPOサービス市場調査

営業代行の需要が高まる背景

  1. 人材不足の解消
    特に中小企業では、営業人材の不足が進んでおり、約7割の企業が人材不足を補うために営業代行サービスを利用しています。
  2. 新型コロナウイルスの影響
    対面での商談が減り、オンライン営業が増えています。しかし、オンラインでの営業スキルやツールの不足などの課題もあります。
  3. 営業活動の効率化と最適化
    営業活動には多くの時間やコストがかかりますが、成果につながらない場合も多いため、効率化や最適化が求められています。

営業代行の未来予測

ここから話すことは、あくまで予測のため、未来を約束したものではありません。

気楽に見ていただけると幸いです。

  1. サービスの多様化と高度化
    単に営業活動を代行するだけでなく、戦略立案やプロセス構築、データ分析などの高度なサービス提供が進むでしょう。
  2. 技術革新の活用
    人工知能、IoT、ビッグデータなどの最新技術を活用して、営業活動の効率化や精度を高める動きが加速します。
  3. 人材の育成と教育
    クライアントの商品や市場を深く理解し、営業スキルやコミュニケーション能力を備えた人材の育成が進むでしょう。

営業代行の現状と未来を理解することで、市場の動向やサービスの進化、求められる人材の資質などが把握できます。

これにより、営業代行の仕事に興味がある場合、必要なスキルや経験を判断できるでしょう。

では、つぎからは、営業代行の仕事が向いている人とそうではない人の特徴について解説します。

営業代行に向いている人・いない人

ここからは、これから伸びていく分野と予想される、営業代行に「向いている人」「向いていない人」の特徴を見ていきましょう。

営業代行の仕事に興味のある人は、自分にあてはめて見てくださいね。


向いている人

  1. 情熱と興味を持つ人
    営業代行は、単に商品やサービスを売るだけではなく、顧客のニーズや課題を解決するやりがいのある仕事です。
    営業に対して情熱や興味を持つ人は、この仕事に熱心に取り組めます。
  2. 学習意欲と向上心を持つ人
    営業代行には、商品やサービスの「知識」「市場環境の理解」「営業スキル」「コミュニケーション能力」「分析能力」「問題解決能力」などさまざまなスキルが求められます。
    つねに自己向上を目指す人は、営業代行の仕事で成功する可能性が高いでしょう。
  3. 柔軟性と適応力を持つ人
    営業代行は、クライアント「顧客の状況に応じて柔軟に対応する能力が求められます。
    柔軟性と適応力を持つ人は、さまざまな状況に対応することができるため、営業代行に適しています。
  4. 高度なコミュニケーション能力を持つ人
    新規顧客開拓などでは、アポイントメント獲得率2~10%(上級者)の能力が求められます。
    また、「データ分析力」「プレゼン力」「業界知識」を瞬時に相手に伝える能力も重要です。

これらの特徴を持つ人は、営業代行の仕事において高い成果を上げることが期待されます。

営業代行は、単なる販売のみならず、顧客との「関係構築」「問題解決」「戦略立案」など、多方面のスキルと知識を生かせる仕事です。


向いていない人

営業代行は特定のスキルを必要とし性格上の問題もあります。

以下のような特徴を持つ人は営業代行に向いていないかもしれません。

  1. 営業にネガティブなイメージを持つ人
    営業職は、商品やサービスを売ることだけでなく、顧客のニーズを理解し解決策を提供する仕事です。
    営業に対してネガティブなイメージや抵抗を感じる人は、営業代行の仕事にやる気や自信を持てない可能性があります。
  2. 学習意欲や向上心がない人
    営業代行は「商品知識」や「市場環境の理解」「営業技術」「コミュニケーション能力」などさまざまな能力を必要とします。
    学習意欲や向上心がない人は、スキルや知識を磨くことが難しいでしょう。
  3. 柔軟性や適応力がない人
    営業代行は状況に応じて戦略や手法を変更する必要があるため、柔軟性や適応力が不足している人は対応が難しいです。
  4. 自分の論理だけを押し通す性格の人、データ分析が苦手な人
    営業代行ではクライアントや顧客との調整が必要であり、データ分析も重要です。
    これらを苦手とする人は営業代行の仕事には向いていないかもしれません。
  5. 完璧主義でプライドが高い人
    営業職では失敗や拒絶への対処能力が重要です。
    完璧主義でプライドが高い人は、この点で苦労する可能性があります。
  6. 打たれ弱い人
    営業職では、ちょっとした失敗や拒絶にも強く立ち向かう必要があります。
    精神的に打たれ弱い人は、このような状況に対応するのが難しいかもしれません。
  7. 単純作業が好きな人
    営業職では他の人との積極的なコミュニケーションが求められます。
    単純作業を好む人は、性格上、向いていないかもしれません。

営業代行の仕事に向いているかどうかは、あなたの特徴や経験によって異なります。

自分の特徴やスキルを理解し、営業代行業界で活躍できるかどうかを検討してみてください。

やる気があれば、スキルはいくらでも覚えられるため、ぜひ興味のある人はチャレンジしてみましょう

営業代行はこれから時代に必要とされるサービス

営業代行は、現代のビジネス環境で非常に重要な役割を果たします。

以下は、営業代行がこれからの時代に必要とされるおもな理由です。

  1. 新型コロナウイルスの影響への対応
    新型コロナウイルスの影響により、対面での商談が減り、オンライン営業が増加しています。
    営業代行はオンラインでの営業に必要なスキルやツールを持っており、この変化に対応できるでしょう。
  2. 営業人材の不足や高齢化への対応
    営業人材の不足や高齢化は日本のビジネスシーンで深刻な問題です。
    営業代行は、この問題に対応した営業力や営業ノウハウを提供し、クライアントの営業力やノウハウの維持や向上に貢献します。
  3. 営業活動の効率化や最適化
    営業活動の効率化や最適化は競争力を高めるために重要です。
    営業代行は、営業データの分析や営業プロセスの最適化などを通じて、営業活動の効率化に貢献します。
  4. 中小企業の人手不足への対応
    中小企業では人手不足が続く見込みです。
    営業代行は、この問題に対応し、クライアントの人手不足を補えます。
  5. テクノロジー対応と業務効率化
    テクノロジーを活用したサービスを提供することで、営業活動の効率化が進みます。
  6. 自社に合った営業戦略の提案
    営業代行は、クライアントのニーズに合った営業戦略を提案できます。
  7. 専門スキルと実績を持つ会社の増加
    専門的なスキルと実績を持つ営業代行会社が増加しており、そのサービスの質が向上しています。
  8. 業績拡大への貢献
    自社の強みに集中できるため、業績拡大が期待できます。

これらの理由により、営業代行サービスの需要は今後も高まると予想されます。

営業代行は、変化し続けるビジネス環境において、企業の営業活動を支える重要な役割を果たすでしょう。


ここまで、営業代行サービスに関する仕事内容や、現状の需要について解説しました。

この先、まだまだ伸びる市場でもあり、これからの日本を支える重要な仕事になるかもしれません。

ですが需要に対して、供給する人材が不足しています

ぜひ、あなたのスキルを日本のビジネス発展のために使ってみませんか。

営業代行サービスで働くなら【株式会社AllGate】におまかせ

あなたのスキルを営業代行に使ってみたいと感じたなら、弊社「株式会社AllGate」で働いてみませんか。

「株式会社AllGate」が大切にしていること

弊社が最も大切にしている要素の一つは、「営業担当者のやりがい」です。

実際にエンドユーザーであるお客様と対話し、お客様企業に価値を提供できるのは、営業担当者の役割であり、弊社は彼らなしでは存続できません。

私たちは、営業担当者が効果的に働ける環境を整備し、最大の成果を挙げられるよう、組織全体で共同努力しています。

営業業界をサポートし、自身の潜在能力を発揮したいと考えている方々、ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

ぜひ、一度連絡をいただき、未来への扉を一緒に開きませんか。

あなたの勇気ある決断をお待ちしています。

\下記からエントリーしてみる/

まとめ

今回は、営業代行の仕事内容や現状の市場規模、未来の展望について解説しました。

仕事内容はその名の通り、依頼されたクライアントにかわって営業を代行する仕事です。

仕事内容は「営業戦略の立案」「新規開拓」、「商談代行」、「契約の締結」など、多岐にわたります。

特に、営業部がない中小企業を中心に営業代行の必要性は、増加の一途をたどっています。

これから、ますます注目のあつまる市場となるでしょう。

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがですか。

その前にチェックしてもらいたい項目が、営業代行に向いている人とそうではない人の特徴です。

▼営業代行に向いている人

  1. 情熱と興味を持つ人
  2. 学習意欲と向上心を持つ人
  3. 柔軟性と適応力を持つ人
  4. 高度なコミュニケーション能力を持つ人

上記のうち、一つでも当てはまる項目があれば、思い切って営業代行で働いてみるのも「あり」かもしれません。

逆に、営業代行に向かない人もいます。

▼営業代行に向かない人

  1. 営業にネガティブなイメージを持つ人
  2. 学習意欲や向上心がない人
  3. 柔軟性や適応力がない人
  4. 自分の論理だけを押し通す性格の人、データ分析が苦手な人
  5. 完璧主義でプライドが高い人
  6. 打たれ弱い人
  7. 単純作業が好きな人

上記に当てはまる人は、営業代行に向いていないかもしれませんね。

ですが、あきらめる必要もありません。

人はいつからでも変われます。

あなたが、営業代行の仕事につきたいのであれば、自分を変えていきましょう。

自分を変えるチャンスは弊社「株式会社AllGate」でも可能です。

弊社は現在社員を募集しています。

▼求める人物像

弊社が最も大切にしている要素の一つは、「営業担当者のやりがい」です。

実際にエンドユーザーであるお客様と対話し、お客様企業に価値を提供できるのは、営業担当者の役割であり、弊社は彼らなしでは存続できません。

私たちは、営業担当者が効果的に働ける環境を整備し、最大の成果を挙げられるよう、組織全体で共同努力しています。

営業業界をサポートし、自身の潜在能力を発揮したいと考えている方々、ぜひ一度お気軽にご連絡ください。

営業代行サービスの市場は、これからますます成長するでしょう。

ぜひ、一緒にこれからのビジネスシーンリードしませんか。

あなたのスキルを必要としている会社があります。

弊社もその一社です。

気軽にご連絡ください。

あなたからの連絡を、スキルを磨きながら、お待ちしています。

\下記からエントリーしてみる/