「営業代行サービスを使うと、どんなトラブルがあるの・・・」

「トラブルを回避する方法ってあるのかな・・・」

「営業代行サービスを活用してビジネスを成功させたいな・・・」

あなたは、営業代行サービスを使おうと考えたことがありますか。

営業代行サービスには、人件費の削減や人手不足のカバーなどさまざまなメリットがあります。

ですが、一歩間違えると思わぬトラブルに発展することも。

なぜなら、事前にしっかりとしたコミュニケーションがとれていない可能性があるためです。

▼この記事でわかること

  • 営業代行サービスでよくあるトラブル
  • トラブルを回避する方法
  • 営業代行サービスを上手に活用する方法

この記事を読むと、営業代行サービスとのトラブルを未然に避けられ、上手に活用することで、あなたが望む最大限の効果が得られるでしょう。

ビジネスを拡大したい人や、ビジネスを加速させたいかたにピッタリの内容です。

ぜひ、最後まで読んで、ビジネスを成功に導き、継続的な発展の足掛かりを作りましょう。

営業代行サービス利用時の一般的なトラブル

営業代行サービスを利用する際には、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。

  • 品質の低い営業活動によるクレーム
  • スケジュール管理のミス
  • 情報共有の不足
  • 費用の不一致

これらの問題を未然に防ぐために、事前の準備が重要です。

つぎからは、トラブルの具体例とその回避策について詳しく見ていきましょう。

営業代行会社の営業品質が低く、クレームが多発した

営業代行を利用することで自社のリソースを節約し、営業の専門家に業務を任せるメリットはありますが、代行会社の品質が低い場合、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 製品知識の不足で顧客からの質問に答えられない
  • 不適切な営業方法によりクレームが発生する

これらの問題を避けるためには、次のステップを踏みましょう。

  • 代行会社の実績や評判をチェックする
  • 具体的な成果目標を設定する
  • 契約前に少量の業務を依頼し結果を評価する

このような対策を取ることで、営業スキルの不足やマナー違反といった、自社イメージを傷つけかねないリスクを最小限に抑えられます。

結果として、営業活動における品質トラブルを未然に防ぎ、代行会社への不信感や営業活動自体への支障を回避できるでしょう。

スケジュール管理ミスで商談機会を逃した

営業代行を利用する際、スケジュール管理は極めて重要と言えるでしょう。

管理ミスにより重要な商談機会を逃してしまう恐れがあるためです。

例えば、商談の重要な期日や時間を間違えて伝達されたり、期日に営業担当者が現れなかったりすると、そのまま大切な商談機会を逃してしまう可能性があります。

適切な営業機会マネジメントができないと、多大な損失を被る恐れがあるのです。

それを防ぐためには、営業代行会社と定期的にスケジュールをチェックし、共有するシステムを構築する必要があります。

営業代行会社との情報共有が不足し、業務報告がなかった

情報共有の不足は、営業代行サービス利用時のよくあるトラブルのひとつです。

十分な情報共有ができていないと、進ちょく状況が把握しづらくなります。

最悪の場合、営業活動の内容や結果について、会社側に一切報告がなされないリスクさえあるのです。

情報の遅れは、的確な判断や指示を出せなくなり、結果的に商機を逃す一因にもなりかねません。

この問題を解決するためには、契約時に定期的な報告の形式と頻度を明確に取り決めることが必要です。

成果物と契約内容のすり合わせ不足で費用が思ったよりかかった

営業代行サービスを利用する際、最終的な費用が予想以上に高くなるケースもあります。

これは、成果物と契約内容が正確にすり合わせられていないことが原因です。

例えば、

  • 「商談設定の実績報酬」と認識していたところ、実際には「新規顧客の成約実績報酬」だったために予期せぬ費用がかかった
  • 作業の過程でオプション料金が発生することを認識しておらず、最終的な請求額が高額になってしまった

などのケースが考えられます。

契約内容を細部までチェックし、不明点は事前に解消しておきましょう。

営業代行トラブルを回避するための具体的対策

営業代行を活用する際のトラブルを最小限に抑えるには、事前の準備と営業代行会社とのコミュニケーションが不可欠です。

具体的な対策としては以下の点に気をつけましょう。

成果目標は明確にする

営業代行との契約においてもっとも重要なのは、成果目標を明確に設定することです。

例えば、

  • 新規顧客10社の獲得
  • 既存顧客の受注率50%アップ

など、可能な限り数値目標を設定しましょう。

目標達成に向けた業務の範囲や対象エリア、担当者の人数なども明示しておく必要があります。

成果目標を明確にした、透明性のある契約がトラブルの防止につながるでしょう。

定期的な報告と打ち合わせをする

営業代行会社との定期的な報告会や打ち合わせを設けましょう。

しんちょく状況をこまめに把握するために、週次や月次など、最適な間隔で営業活動の報告を受け、課題の有無や対策を話し合ってください。

必要に応じて修正を指示することもあるでしょう。

定期的なコミュニケーションが、サービスの品質を維持し向上させるポイントです。

解約条件や料金体系を事前に取り決める

万が一トラブルが発生した場合に備え、解約条件や料金体系についても事前に取り決めておくことが重要です。

例えば、

  • 業務のしんちょくが順調でない場合の解約条件
  • 成果目標を達成できなかった際の料金減額ルール
  • 追加オプションの有無
  • 出張費用の計上ルール

など、あらかじめ決めておくと、不明瞭な請求や解約時のトラブルを防げるでしょう。

契約内容は細部までチェックする

営業代行を契約する際は、内容のチェックが不可欠です。

特に、

  • 業務範囲
  • 成果目標
  • 報告体制
  • 料金体系

などの、チェックを怠ると、あとから大きな問題に発展するリスクがあります。

上記の項目については、契約書に明記されているか必ずダブルチェックしましょう。

営業代行会社選びのポイント

営業代行会社を選ぶ注意ポイントは以下の通りです。

  • 実績や評判
  • 担当者のスキル
  • 料金体系
  • サポート体制
  • 専門性

また、自社のニーズとマッチするかどうかを慎重に評価しましょう。

適切なパートナー選びが、成功への第一歩です。

営業代行を上手に使うコツ

営業代行を効果的に活用し、トラブルを最小限に抑えるには、いくつかコツがあります。

ここからは、コツについて詳しく見ていきましょう。

スケジュールを共有しコミュニケーションを大切にする

営業代行を依頼する際は、営業代行会社とスケジュールを共有し、こまめにコミュニケーションを取ることが重要です。

商談の日程や打ち合わせの予定など、全ての営業スケジュールを共有し、ズレが生じないようチェックし合いましょう。

スケジュール調整の際は、メールだけでなく、電話でのこまめなチェックも欠かせません。

営業活動中に生じた課題や質問などは、すみやかに営業代行会社へ連絡し、対応策を考えましょう。

この透明性が、お互いの信頼関係を築き、目標達成に向けた協力体制が強化できます。

自社サービスの特徴を営業代行会社に伝える

営業代行を成功させるには、自社の製品やサービスの特徴を営業代行会社へ伝えましょう。

  • 商品の特徴
  • 強味
  • ターゲット層

など、詳細に伝えると、代行会社も理解しやすくなるでしょう。

例えば、「競合とは異なるここが強み」「お客様からよく質問される点」など、ノウハウの共有が大切です。

自社のビジョンや価値を正確に伝えることで、成果が最大限あらわれるでしょう。

定期的な報告を受け定期的にフィードバックする

営業代行サービスからの定期的な報告を受け取り、フィードバックを必ずしましょう。

フィードバックを通じ、営業戦略の微調整や、新たな商談機会の発見につながる可能性もあります。

適切にフィードバックすることで、より高い成果を導き出せるでしょう。

まとめ

営業代行は営業人員を確保する手間が省け、人件費削減が可能になるなど、大きなメリットがあります。

しかし、サービス品質の問題や、しんちょく管理のミス、報告の遅れ、費用の請求過多など、さまざまなトラブルがあるのも事実です。

トラブルをなくし、営業代行を活用するには、事前の準備と営業代行会社とのコミュニケーションがポイントとなるでしょう。

事前に決めておきたいポイントは以下の3つです。

  • 営業目標
  • 業務の範囲
  • 料金体系

これらのことを明確にし、定期的な報告と打ち合わせの機会を設けましょう。

また、自社サービスの特徴を丁寧に説明し、フィードバックを怠らないことも大切です。

丁寧なフィードバックが質の高い営業活動につながります。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただき、営業代行サービスを安心に活用し、確実な成果をあげましょう。

結果を出せる営業代行を頼むなら【株式会社AllGate】におまかせ

ここからは、営業代行を頼むのは、なぜ当社なのか詳しく解説します。

まず、大前提として結果を出す「絶対的な自信がある」といっておきます。

「言うだけならなんとでも言える」

と言われそうですね。

なぜ「株式会社AllGate」が結果を出せるのか見てください。

スタッフ全員【営業経験】がある

スタッフ全員営業経験があり、営業に関する引き出しが豊富です。

そのため、ご依頼の企業様から営業に関する教育の必要はありません。

ご依頼主様の煩わしさを、最小限に抑えられるため、あなたはもっと別の仕事に集中できます。

ノウハウの蓄積と豊富な経験

スタッフ全員、さまざまな分野を経験し、実績を積んでいるため、今までにない斬新な営業方法や、業務効率化のご提案ができます。

きっと、営業代行の枠をこえたGiveが可能です。

ぜひ、その目で確かめてください。

利用されたお客様からの生の声

【A社】

弊社商品の営業代行として契約し、依頼しました。
営業に関する知識と経験が豊富なため、弊社としては商品の詳細を覚えていただくだけでお客様対応が可能となり、新たな営業獲得のためのコスト削減などに大いに役立ちました。
商談結果もしっかりと実績を残していただけ、今後も新商品の展開などに合わせてご依頼したいと考えています。

【B社】

テレアポ業務をメインに依頼しました。1日あたりのノルマをしっかりと達成するだけでなく、営業担当の方が持つ知識からより良い提案もいただけました。ノウハウを弊社スタッフにも落とし込め、営業代行の契約が終わった後にも成果を残してもらえるのはとても助かります。

【C社】

弊社の商品をご利用頂いている既存のお客様に対して、新たな商品の営業していただきました。お客様の元へ伺うまでに、商品情報を弊社社員以上にご理解いただいているのではないかと思うほど、しっかりと営業準備されていました。

実際にお伺いしたお客様からも「次回はまた同じ担当に来てほしい」と希望を承るほどの結果を残していただき、依頼した側としてとても満足しております。

実際に利用して、経験したお客さまの声をみていただけましたか。

これは、まだまだ一部です。

ぜひ、つぎはあなたの成功体験を紹介させてください。

\無料で相談してみる/